RENOSBLOGリノベブログ

住み心地のいい家

2021.11.24

 

筆者は御年68歳になります。現在独身の一人暮らしです。当然スーパーに生活用品や食料品を買い出しに行きますが、ご同輩の多いことに気づかされます。私は生涯現役と決めていますので、体が動かなくなるまでは働くつもりです。生活費の為だけではなく、老化防止と社会性を保つことで多少のストレスを持ったほうのが、精神的肉体的な健康が維持できるという統計が出ているらしい。

 

筆者は現在リフォーム工事の既存図作成や、それに対する改装計画図をCADでおこし、三次元パースによるプレゼンテーションを作成する仕事に携わっています。

そこで営業担当者が撮った既存写真を見ながら図面の整合性を確認しますが、大半のお宅がまず物が多くて散乱しています。それはそれでご本人にとっては、すこぶる暮らしやすい空間なのかもしれないが・・・・・・。

当然のことではありますが、リフォーム、リノベーションされて新たな生活空間で暮らされるのですが、まず一番先にいらないものの整理整頓から始めなくてはいけないと思います。なかなか思い出の詰まった物を捨てることはできないことではありますが・・・・・。

何を言いたいかですが、リフォームされて綺麗になった環境で生活することが果たして本人にとって住み心地のいい事とは限らないかもしれない。建築業に籍を置く私が言うのもなんですが、生活しやすい居心地のいい空間が何かを考えてから行動を起こしましょう。

ただし部屋の中に物が散乱しているということは、ほこりやチリがその下周りにはびこっている状態でカビダニの温床になっていることが想像できます。つまずいて部屋の中で転倒してケガをする原因にもなります。思い切り大き目の収納を作り普段使わないものは、とにかくその中に放り込んで整理しましょう。あちこちバラバラに整理するより、後から探し出すのも楽に決まっています。

 

いかがでしょう「住み心地のいい家」は収納が十分あり整理整頓されている空間のがいいと思いますよ……。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。