RENOSBLOGリノベブログ

リフォーム前に断捨離しましょう

2021.12.08
断捨離の上手なやり方のポイント
  • ①一度に片付けようとしない
  • ②後悔しないために! いったん「保留」もOK.
  • ③保留の物には、「断捨離期限」を設けておく
  • ④物を手放すことを恐れない
  • ⑤新しく物を買うときはよく考えて
  • ⑥自分のキャパシティを知ることが大切

リフォーム工事業に携わっているわけですが、現調して上がってくる写真を見るとなと物が多いことに気づかされます。どうしてもいざ工事するとなると慌てて片付けるか処分することになります。リフォームする業者のためにもあらかじめ断捨離をしておきましょう。

当然リフォームしてきれいになった部屋には新たな家具をおいて、物を少なくして新生活を楽しみましょう。

余裕のある収納スペース確保しておきましょう。棚板などは場合によっては12ミリのベニヤ板で十分です。棚板の間隔を狭いものと広いものと中くらいのものと用意してすべてが収まる工夫をしましょう。100円ショップなどで様々な種類の箱も用意しましょう。特別専門書など買う必要はないですよ。まずは断捨離捨てることです。それから必要最小限のものだけを手元に置く工夫をしましょう。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。