RENOSBLOGリノベブログ

古民家風リフォームを楽しもう

2021.12.22

昔ながらの日本家屋をリノベーションする、「古民家リノベーション」が人気です。レトロモダンな雰囲気やデザイン性の高さに魅力を感じる人も多いと思いますが、実際にどんな住み心地なのか、リノベーションをする際は何を注意すればいいのか気になりますよね。

いやいや、古民家でなくても古民家風のリノベーションは可能です。40年以上前にお建てになられた木造住宅でしたら、管柱はおそらく杉の一等材と思われます。和室(真壁造りを洋室にリノベーションをお考えでしたら、ただ単純にプラスターボードを上に打ち付けて大壁にしクロスを張って終わりではなく、真壁の管柱をむき出しのままにし、オイルステン墨の七分艶で仕上げいかにも古民家の雰囲気を出してみてはいかがでしょう。

梁にはタイコ梁などが使われていたらラッキー。一緒に表しにして、同じ塗装をしましょう。壁は単純にクロスを張るのではなくて、白の珪藻土で仕上げて、より一層リアルな形の古民家住宅の雰囲気を楽しみましょう。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。