RENOSBLOGリノベブログ

バーチャルでリフォームを楽しもう

2021.12.27

 

私の現在の主な仕事は、三次元CAD(CPUエース)でリフォーム工事の既存図と改装計画図を作成し、三次元パースをおこしお客様に事前に改装後のイメージを確認してもらうことです。

CPUキャドはとても優れていて、解像の高いイメージ画像を出力できます。作業時間も一日あれば、既存平面図、改装計画図、内外装のイメージパースの作成が可能です。

私が見ていてもとてもきれいで仕上がりのイメージを把握できて、正直楽しいです。リフォーム工事に限らず、新築でも二次元の図面だけの打ち合わせでは完成後のイメージをつかむのが難しいのが現実で、それは完成後のクレームトラブルになりかねないのです。

建築業界に携わり45年がたちますが、現場においてはまだまだ進歩したとは言い難く、その当時の施工方法がいまだにまかり通っているのが現実です。ようやく三次元CAD画像からそれをもとに動画映像(バーチャルリアルティ)をもとにお客様と打ち合わせをすることが可能な世界になりつつではありますが、今後は工事を請ける側がまずは意識改革して取り組む必要性があるのかもしれない。

今年も残すところあとわずか、年齢的に私に残っている現役としての歳月も限られてきています。人生最後の最後で私に一番向いている適している仕事が何かわかり、それをできることの充実感をかみしめながら年を越そうと思います。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。