RENOSBLOGリノベブログ

SDGsは身近な取り組みからスタート

2022.02.12

SDGsに取り組むからと言って、無理に新規事業や無償のボランティアをしなくても普段の仕事の中から関連性のあることを強調して実行しましょう。項目13「気候変動に具体的な対策を」などがリフォーム工事業と直接的な結びつきが強いと思われます。

建物断熱性能を上げることによって、燃料光熱費が削減できます。このことは化石燃料を減らすことにつながります。具体的な工事内容として、内窓設置があげられます。建物は開口部からの熱の流入流出が一番大きくその部分を改善することが最も効率的です。グリーン住宅ポイントも高く設定されています。

節水トイレへの交換もSDGs7番の項目エネルギーをみんなにそしてクリーンにとして効果的です。高効率燃焼機器・高断熱浴槽も効果的ですしこちらもグリーン住宅ポイントで設定されています。お客様に提案する前に国土交通省のホームページで商品がグリーン住宅ポイントに当てはまるものか確認してから提案しましょう。

このように少しの気遣いでSDGsの趣旨に貢献できますし、お客様もグリーン住宅ポイントで商品をゲット出来たり、値引きに還元出来たり、一挙両得です。

 

 

受け継がれてゆく地球環境……。次世代に住み心地のいい環境を残す義務と責任が私たちには有ります。仕事の中で環境に良い製品を提供することも大切ですが、もっと身近に私たち一人ひとりが出来る事から実行しましょう。例えば歯磨きなどの時には水を流しっぱなしにせずに最後に流すように心がけましょう。電灯もこまめに消して節電したり、見てないのにテレビを一日中つけっぱなしにしないように心がけましょう。

このようにSDGs(持続可能な開発目標)を実現させるのには、一人一人が目の前の出来る事から改善することが第一ステップではないでしょうか……。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。