RENOSBLOGリノベブログ

宇都宮で水回りのリフォーム

2022.03.10

家を新築するときに必ず気にすることは、坪単価ではないでしょうか……。工事金額を総延べ床面積で割った金額です。これでほとんど人間が高いやすいを判断するのではないでしょうか。これはある意味正解ではないでしょうか。各住宅メーカーの営業担当者は仕様がどうの構造どうのと言って比較検討が出来ないですよと並べ立てますが。住宅は画一的に基礎があり柱梁があり屋根があり内装がありと、最低限同じベースで比較対象出来てしまいます。ですから工事金を面積で割った金額で比較対象が容易にできてしまいます。

これは結果的には家一軒でいくらなのという話で、車一台いくらなのという話と同じです。車でしたら各パーツ例えばハンドルいくら、タイヤがいくら、エンジンがいくらとは表示しないです。ところが家一軒には最低住めるだけの設備は当然あるのですが、基礎工事いくら、屋根工事いくら、設備工事いくらと明記して見積書として提出するのが一般的です。ですからある意味事細かにお客さんが比較検討できるようになっています。

 

ここで坪単価の話を掘り下げて話してみます。平面的に家の各部分の坪単価を検証してみますと、一番わかりやすいのがユニットバスです一坪タイプですと、例えば80万とか100万とかになりますし、キッチンも4帖程度の広さですと2坪ですから100万のキッチンセットですと、坪50万になります(配管がありますので+30万くらい)。このように各部屋ごとに坪単価を割り出しますと各部屋で単価にかなりのばらつきがあります。畳のある真壁づくりの和室も障子など建具も多く坪単価が高くなります。一番安いのが、天井壁ビニールクロス仕上げの洋室ということになります。

このように給排水設備部分が一番坪単価が高いということになります。それらをすべてプールした一つの塊として一軒の家になるわけです。これは家の単価を吊上げているのは給排水設備部分だということがわかると思います。この法則を家づくりに応用しますと、家の坪単価を抑えるのに一番効果が上がるのが給排水設備部分の得意な業者に依頼するのも一つの手ではないでしょうか……。

あと家づくりで坪単価を上げるのが不用意な建具です。間仕切りを多くしますと当然建具が多くなるので工事費も上がります。あと細かな仕様ですが、洋室の天井と壁の取り合いの廻り縁ですが、これは無くてもクロスどうしでしたら不要です。それからサッシ廻りの額縁ですが、これも窓下にカウンターを設け三方はクロスの巻き込みにすれば不要です。この仕様は結構取り入れている業者も最近は見受けます。

近年は基礎がべた基礎、構造躯体も集成材、新建材&クロス仕上げが家づくりの形で定着しています。多少なりともどこで少しでも坪単価を下げるかですが、上記を念頭にまとめてみますと。

①給排水設備部分を一か所に集約する。配管の距離が短くなり材料費が安くなる。敷地内の末端排水溝の位置も確認して近い位置に設備部分の間取りを考慮する。

②間仕切りを少なくして建具の本数を少なくする。

③不要と思われる廻り縁額縁を極力減らす。

まだありますが以上三点を考慮して計画するだけで結構万単位で単価を軽減できると思います。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。