RENOSBLOGリノベブログ

雨漏りリフォーム

2022.04.15

昔から雨風しのげれば十分などと、家の存在価値を表現したりしました。特に雨をしのげなかったら一番困ります。突然に天井から漏れ出したりするケースもありますが、知らない間に漏って木柱を腐らせたりするケースもあります。雨漏りは原因漏れている個所を突き止めて修繕しないと改善しません。

 

知らない間に漏れているケースの場所や原因を追究するのは、床下に潜り外周部の土台をチェックしましょう。土台が異常に黒ずんでいたりする場合は外壁部分から漏れている場合が考えられます。局所的な漏れの場合は原因個所を追求する必要がありますが、外壁がサイディング系の場合はコーキングの打ち直しと塗装修繕の対処を施しましょう。

次に小屋裏をチェックしてみましょう。通常放水シートが貼ってありますので、棟の部分か、天窓がある場合は天窓の部分から漏れている可能性があります。水は伝わりますので場所を特定するのが難しい場合があります。

雨漏り修繕は応急処置をまず施して完全に止まるように改善しましょう。とにかく原因追及雨漏れ部分の特定をしましょう。これをしないと何回手直ししても改善できないケースがあります。

 

これから梅雨にお向けて、事前に気になる場所を点検しましょう。屋根部分は二階収納部分に天井点検口があるかと思います。その場所から懐中電灯で見える範囲だけでもチェックしましましょう。

床下は床下収納庫など点検口から潜って、一通りチェックしましょう。汚れてもいい服装で、スパナなどをもって潜りましょう。木造住宅の場合、アンカーボルトがすでに緩んでいたりしますのでついでに絞めてきます。この程度の点検でしたら、お金をかけて業者に頼まなくても可能です。どうしても気になる部分がありましたら、専門のリフォーム会社にとにかく調査を頼みましょう。


CONTACT

株式会社住まいる工務店へお気軽にお問合せください。