宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


RENOSBLOGリノベブログ

リノベーションプランナーからのリノベアドバイスのポイントとは

2019.07.23

都内でリノベーション施工といえば、マンションを思い浮かべると思います。
ここ、栃木県宇都宮市ではいかがでしょうか。
どちらかといえば、戸建てのリノベーション施工をお考えの方の方が多いかもしれません。
戸建てリノベーション施工の場合は、耐震性や断熱などはどうなのでしょう。
そんな疑問には、栃木県宇都宮を拠点とする、住まいるプラスでは、当社のリノベーションプランナーがお答えします。

Q. 中古戸建住宅を購入して、リノベーション施工を検討中です。ポイントを教えてください。
A. 一番の見るべきポイントは構造体です。
構造体がしっかりしていれば、リノベーション施工は可能になります。
購入の事前にリノベーションが可能かというご相談でも大丈夫です。
現地調査に立ち会いをさせていただきます。

 

Q. 築30年の戸建てです。リノベーション施工できるのでしょうか。
A. 築30年、40年などの戸建て物件でもリノベーション施工で新築同然の耐震性と住宅性能にすることはできます。
築年数だけで一概に判断できず、やはり構造体の状態を調査させていただきます。

 

Q. 鉄骨造でも、リノベーション施工は可能ですか?
A.もちろん可能です。
ただし、鉄骨造の場合は、湿気による鉄の腐食の可能性も考えなくてはいけません。
でも、鉄骨造だからこそ、耐震性が高い分、抜けない壁や柱があって大幅な間取り変更が難しい場合もあります。
事前に施工当時の図面があれば確認がしやすくなります。

 

戸建てリノベーション施工は、リノベアドバイザーとしての腕の見せ所といえるかもしれません。
既存のどこを活かして、かつ、耐震性や断熱、また住みやすい家にするための工夫。
お客様らしさを追求するための打合せ等、アドバイザーが丁寧にしつかりサポートさせていただきます。