宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


RENOSBLOGリノベブログ

栃木県宇都宮市で親子の二世帯住宅での悩みをリノベーションで解決しませんか。

2019.08.26

先行きの不透明な経済動向を考えると住宅資金の不安は大きいでしょう。
そこで、新築ではなくて、既存の住宅を改修し、住宅を生まれ変わらせるリノベーションは、親子での経済負担を軽減する方法として注目を集めています。

ただ。経済面ばかりを重視していると、実際の生活で細かな悩みやトラブルに発展することはさけたいものです。
そこで、リノベーションで二世帯生活で起こりうるメリット・デメリット考えてみましょう。

親子で同居を検討する場合、良いことばかりではありません。
どうしても、解決案が導きだせない場合はリノベーションの専門家に相談に乗ってもらうなどして、中立的な意見を聞いてみましょう。

トラブルとしてもっとも多いのは、プライバシーや騒音の問題です。
親世帯と子世帯は生活時間帯が異なる場合が多いため、互いの生活音が苦痛に感じるケースも多いようです。
防音材や階を上下に配置するなどして、親子といえどもプライバシーを確保することが重要です。

完全同居型や部分共用型の場合、お風呂屋洗面所などの水回りなどの設備を二世帯共用にすると、時間帯や家族の人数によって、どちらかが不満がでてきます。
予算があるならば、世帯ごとに設置を検討したいところです。

食事は、生活リズムの中で大きな割合を割きます。
リビングは共用でもキッチンだけは別々にしたほうがいいでしょう。
特に、ふたつの世帯で食の嗜好や食事する時間帯が明確に異なるようであれば、キッチンは分かれていたほうが使い勝手が良いものです。

リフォーム費用にまつわるお金の問題は後を引くため、どのように分担するかはきっちり話し合い、早めに明確に決めておきたいところです。

間取りや設計のプランニングはとても重要です。
住み始めてからいろいろな不満が生じてくる場合もあります。
リノベーションの専門アドバイザーと、親子二世帯の家族の方が、しっかりと話し合い、プランニングも双方のご家族が納得されてから始めた方が良いでしょう。

栃木県宇都宮を拠点にする当社では、プロのリノベーションアドバイザーがお客様に寄り添ってご相談を賜っております。
企画、設計、施工、まずはお気軽にご相談ください。