宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


RENOSBLOGリノベブログ

栃木県宇都宮市で空き家を有効活用する方法とは?こんな時にはリノベーションで付加価値をあげる

2019.11.12

今や日本全国で空き家の問題はおおくあります。かつては、そこに住む家族の憩いの場であったはずの家が、子供成長や家族構成の変化、後継者問題、経済状況など、様々な要因で空き家になってしまい、そのまま放置されている家があちこちに存在します。

そんな空き家をせっかくなら、有効に活用してみてはいかがでしょうか。リノベーションをして賃貸にする、自分のライフスタイルに合わせた生活を確保するため、空き家をリノベーションして再利用することも選択肢のひとつです。栃木県宇都宮市の住まいるプラスはリノベーションをお勧めします。

1. 事例: 実家の一戸建て住宅を譲り受けたとき

両親が亡くなったり、アパートに引っ越したりして、一戸建てが空き家になった場合。実家を離れて生活していた人も、家賃の負担がなくなることから実家に引っ越し、暮らしやすいようにリノベーションのご相談を賜ります。

2. 事例: 築年数の古い家を売却するとき

古い家に買い手がつくか不安なときにリノベーションを考える人もいます。味わいのある家は人気ですが、生活面で不便さがあれば、買い手が付きにくい場合があります。キッチンやトイレ、風呂場などをリノベーションし、生活しやすい環境に整えることで買い手がつきやすくなります。

3.   事例: 古民家の雰囲気を活かした喫茶店やアトリエするとき

リノベーションすることで住居以外の用途に空き家が生まれ変わる可能性があります。

 

空き家をリノベーションするメリットは、自分好みに暮らしやすくなるだけではありません。リノベーションを行うことで、耐久性や耐震性の強化ができ、安心して長く暮らせるようになります。さらに、天井や壁に断熱材を入れたり、熱効率の高い給湯器に取り換えたりすることで、エネルギー消費量の少ない省エネ住宅へ変換することも可能です。