宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


RENOSBLOGリノベブログ

戸建て住宅のリノベーションで、あれもこれもやってみたい

2020.02.12

マンションと戸建てのリノベーションを比較すると、やれるとこが違ってきます。戸建て住宅のリノベーションの場合、比較的自由度の高い施工が可能です。

木造軸組工法とは

昔から日本で受け継がれてきた在来工法です。建物を支 える柱の移動や耐力壁に穴を開けるなど以外は自由度が高く、間取り変更が容易になります。

 

プレハブ工法とは

工場生産された床や壁などを現場で組み立てる工法です。木質系やコンクリート系は間取り変更に制限があり、鉄骨系は比較的容易です。

 

2×4(ツーバイフォー)工法とは

床、壁、天井を柱でなく壁面で支える工法のため、壁をなくして空間を広げたり窓やドアを増やすことが困難なケースがでてきます。

 

[戸建て住宅リノベーションで気をつけたいポイントとは]

さまざまにご要望をポイントを絞っていくつかご紹介しましょう。

 

〇窓の数を増やしたい

窓の数を増やしたい、大きくしたいという場合、設けたい場所が耐力壁である場合はほぼ不可能です。ただし、強度的に問題のない外壁の場合は、窓の移設や新設は可能です。

 

〇木製サッシ・ドアに変更したい

防火地域・準防火地域の規定により、窓やドアなどの材料にも制約を受けることがあります。該当地域の防火規制を事前に確認する必要があります。

 

〇トップライトや吹き抜けをつけたい

トップライトや吹き抜けをつけると、自然光が大きく取り入れられたり、空気の流れに変化をつけられます。吹き抜けも構造の強度に影響が出ない限りは実現可能です。

 

〇2階建てを3階建てにしたい

土地が狭いので増築が難しいので、2階建てを3階建てにしたい。といっても2階建てと3階建てでは基礎の作り方が違うためもともと3階建てにする前提での基礎でない限りはできないと考えるべきです。

 

〇水回りを2階に変更したい

生活の動線で一番大きなものが、水回りです。水回りを変更することにより、快適になったり、生活環境が改善したりと大きな効果が期待できます。水まわり設備の変更の場合、戸建の場合は行いやすくなっています。

 

〇屋根裏を増築したい

子供の頃に憧れた屋根裏部屋、または、収納に活躍する屋根裏部屋。屋根裏部屋の場合は、容積率の上限をオーバーしないように注意が必要です。

 

疑問に思うことがあればリノベーションの専門家にご相談ください。

戸建住宅のリノベーションの場合、基本的には自由にリノベーションが可能ですが、法律的な制限などについては専門家の助言が必要となるケースも多いでしょう。

㈱住まいる工務店の「すまいるプラス」のスタッフは、リノベーションを熟知した一級建築士をはじめとした専門家が一緒になってあなたの理想のリノベーションプランをお手伝いいたします。