宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


STAFFBLOG現場日記

スケルトンにするための解体工事がいよいよ佳境にはいりました

2020.02.18

いよいよ内部の解体に着手しました。

解体材は分別してそれぞれの処分場に搬出します。まずは室内のドアや襖、畳など容易に取り外せるものの撤去搬出から始まります。

なるべくボリュームを少なくするように、積み込みも丁寧に。

完全に解体するのであればバックホーなどの重機を使って一気に解体しますが、リノベーションでは残す部分を傷めない様慎重に手作業で解体作業を行います。解体工事は体力と気を遣う大変な作業です。

解体工事の作業中は、ホコリと音と発生する解体材との戦いとなります。
仕上がった時のイメージからは想像もできないくらい、ちょっとお見せするのもためらうくらいにホコリやゴミが出ます。これはリフォーム工事特有の”一度壊してから新たに造る”ための過程です。私どもは当たり前のように毎日経験することですが、初めてご覧になられる方はちょっと違和感をお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

リノベーションの現場では、ほとんどお施主様は退居なされて住んでいませんので、このように大胆に解体作業を行わせていただきますが、通常お客様がお住いの建物をリフォームする時はこのようにはいきません。

しっかりと工事場所を養生し、ホコリや音が漏れない様目張りをしたり、養生作業は一番気を遣う作業となります。