宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


STAFFBLOG現場日記

玄関が別な位置に変わるための基礎工事です

2020.03.24

西側に面してあった玄関の位置が西南の位置に変わるので、新しく玄関になるところに必要となる基礎をつくています。

外壁の形が変わります。間仕切り壁の位置も変わります。そして柱の位置も変わります。新しく追加する柱は基礎工事が完了して土台等が敷設されてからの工事になりますので、それまでは仮の柱が入れてあります。左側や奥に見える数本は木製の柱で、また右側や手前側のところの数本はサポートという金属製のパイプで補助的に支えています。

奥と右に見える斜めの角材は、工事中に地震などが来ても大丈夫なように仮筋交いと言って、本筋交いが入るまでの間建物を揺れから守ってくれるものです。工事が完了すれば耐震等級3になる予定ですが、現在はその耐震性能はありませんので、工事中といえどもしっかりと補強しておきます。