宇都宮市のリノベーション専門家|株式会社 住まいる工務店 リノベーション事業部


STAFFBLOG現場日記

木製建具も吊り込み完了しています。

2020.07.12

床の養生が取れて、まだ日に焼ける前の真っ白なパイン材のフローリングがお目見えしました。無垢材の良さの一つである素材の色の変化が始まります。20年、30年と年月を経ると、当初のナチュラル色から淡いキャメル色にそして明るいオーク色からやがて濃いオーク色に変化してゆきます。

この建具のような濃い色にはなりませんが、建具の色は全室統一で、DAIKEN製のダルブラウン色を使用しています。窓枠の色と共通で、落ち着いた雰囲気を醸し出す色そして家全体の仕上色のアクセントをつけた仕上がりになっています。

巾木だけあえてダーク色にしないでホワイト色にしました。天井のように濃い色を使いますと締まった感じになります。巾木は天井とは異なり空間を広く感じることが出来ます。